精神分析の革命

 この度、著書「精神分析統合理論」を発刊いたしました。

 この本は、心と脳について研究している人達、治療能力の向上をめざす人達を対象に書かれたものです。心の動き(精神力動)を脳研究と照合することによって、刺激伝達機能網を作成し、諸々の精神現象を解明し、かつ治療論を確立しています。したがって、従来の研究とは全く異なる次元の、画期的な内容が展開されています。

 第一部の「情動制御理論」では、心の健康と病気を決定付ける精神力動の発見を、脳研究と照合し、情動脳における刺激伝達の法則性について明らかにし、それに基づいて、ほとんどすべての精神現象を説明しています。中でもとりわけ重要なのは、精神病の成因を解明し、その根治療法を確立している部分です。

 第二部の「精神現象生成理論」では、意識や自我意識の発生メカニズムの解明、人格の交代に関する解明、さとりに関する科学的な解明など、盛り沢山の内容が収められています。

 第三部の「症例研究」では、許しの解明につながった症例、新しい人格障害である強迫不全性人格障害の症例、躁うつ病や統合失調症の根治療法(治療期間は5〜6年、治療時間は1,200〜1,300時間)などが収められています。

 かなり難しく、相当な読解力を必要とする内容です。昨今、心に関する書物も一般書と同様、気軽に読める内容が求められる傾向にありますが、専門家のみなさんにとって、この本は必読書であると確信いたします。

 

       『精神分析統合理論』  総ページ数 831ページ (+2ページ)

                      定価 「本体20,000円+税」

 

                             精神分析統合理論                       

 

 

                       【目次 】    

              第一部 情動制御理論                          

        序章一(入門書としての序文)

        序章二(専門家のための序文)

        第一章 苦悩とは何か?

        第二章 基本的概念

          マゾキズムとナルシシズム、許し、「許しの環」と「救いの環」

          様々な構成因子:マゾキズム系構成因子、ナルシシズム系構成因子

          快・不快原則、ナルシシズム系とマゾキズム系の連動性

        第三章 精神構造の基本型

        第四章 情動系に関する脳研究

        第五章 葛藤の構造

          神経症の葛藤、病的状態とその悪性化、防衛の流動化 

        第六章 防衛機制

          妥協案の提出、防衛機制、分裂

        第七章 様々な刺激伝達経路

          救いの環、許しの環、

          ナルシシズム系順転+不快の快変換ルート、

          ナルシシズム系順転+不快の逆転送ルート、

          ナルシシズム系(両方向性)病的同一化、

          マゾキズム系(両方向性)病的同一化、

          自己愛型閉鎖回路、依存型閉鎖回路(巻き込み拘束)、

          巻き込み反撃、巻き込み謝罪、マゾキズム系閉鎖回路、悪性サイクル、

          刺激伝達の「分散」現象と「衝突」現象、強迫と強迫崩れ、

          回避性と反社会性、 解離、不快因子同士の連動性、

          倒錯的思考、自責回路

        第八章 人格傾向

          ひきこもり(退却)、期待(当て)、陶酔(惚れ込み)、緊張、軽蔑と無視、

          後悔、依存(しがみつき、貪欲さ)、誘惑と演技性、催促、

          うぬぼれ(開き直り)、すなおさとまじめさ、羨望、嫉妬、羞恥心、

          反社会性、

          移行現象に基づく人格傾向:遊びの領域、盗癖、嗜癖、儀式

        第九章 症状形成

          不安とそれに関連する症状群、エディプス・コンプレックス、無気力、

          焦燥感、身体化、情動失禁、様々な依存症、摂食障害、解離性障害、

          性倒錯、犯罪という症状形成、移行現象に基づく症状形成、

          躁状態、うつ状態、 幻覚状態、妄想状態、緊張病と破瓜病、その他

        第十章 従来の定式化と私の定式化

        第十一章 疾患形成

          人格構造に準じた疾患形成、

          様々な疾患群

           精神病人格障害(躁うつ病と統合失調症)、病的人格のカテゴリー化、

           強迫不全性人格障害、病的人格の本型と亜型、

           まとめ(各病的人格障害の症候学的特徴)、防衛人格障害、神経症

        第十二章 治療技法

          転移と逆転移、共感と解釈、治療技法の原則、

          謝罪技法と優越誘導技法

        第十三章 治療経過の定式化

          防衛人格障害の治療

          病的人格障害の治療:病的マゾキズム、病的ナルシシズム

          精神病根治療法の定式化              

          精神病根治療法の具体的定式化 

        第十四章 まとめ

      第二部 精神現象生成理論

        序章

        第一章 葛藤外領域

        第二章 夢

        第三章 意識

        第四章 認識

        第五章 概念の知覚化

        第六章 自我意識

        第七章 意識と自我意識との相互関係

          意識の実態、意識の周辺、自我意識の種類、情動排除型自我意識、

          情動含有型自我意識、様々な解離型自我意識 

        第八章 人格の交代

          私の未経験領域、心因性健忘、多重人格の発生理由、

          多重人格性:思考系の持つ「照合性」、多重人格の発生母体、

            多重人格の治療、統合失調症に見られる多重人格性 

        第九章 「さとり」への道

          人類共有の課題、自己愛≠対象愛、タナトス期、ロゴス期 

        第十章 様々な「生きること」の課題

          理想的対象の四段階、情動制御と認識、存在と本質、進化と破壊、

          本質否定、ヒューマニズム、現存する社会問題、

          道徳(善)と(現在の)法体制 、死の問題、性愛と自由

        第十一章 まとめ

           後記(T)

      第三部 症例研究

        序章 症例研究の意義

          読者の関心をひく内容、治療中断という苦悩、

          症例研究の成果とその展望、疾患移動論

        第一章 「許し-許される」関係

        第二章 「弱い対象」としての機能

        第三章 境界性人格障害

        第四章 演技性人格障害

        第五章 強迫不全性人格障害

        第六章 統合失調質人格障害

        第七章 統合失調型人格障害

        第八章 受身的攻撃性人格障害

        第九章 統合失調症

        第十章 統合失調症(U)

        第十一章 躁うつ病

        第十二章 各症例と定式化との照合作業

        後記(U)

      補遺 : 脳研究への触手

          一、 心から見た脳の神経伝達経路 

          二、 伝達経路と伝達物質

          三、 精神療法の薬剤化


  

 

 

                              精神分析の革命